● 組織概要

組織概要
2006年、越後妻有の地域再生事業として前身である「とんぼproject」の活動を開始し、田植え、草取り、稲刈りの棚田の保全活動、ブナの森の再生活動として植林活動を毎年行ってきました。このグリーンツーリズムのオプショナルツアーとして、道普請、案山子づくり、里山学会の共同開催など地域と一緒になって行う活動や大地の芸術祭作品めぐり、妻有焼の陶芸、雪国の暮らし体験など地域資源を都市部の方々に紹介するイベントを年間を通して展開してきました。

また、2009年には震災復興基金を活用し、全国棚田(千枚田)サミット応援企画の講演会と演奏会「国宝笹山縄文土器出土10周年記念~縄文のこころを未来の里山へつなぐ~」を主催、ホームページの充実による積極的に内外への情域発信活動を展開してきました。

一方、都会との繋がりを大切にし、毎年11月に東京で収穫祭を開催する他「雑司ヶ谷スローライフ倶楽部」と連携し、味噌づくりに取り組むことや、「楽人」「つぶつぶカフェ」との連携で「都市部における丁寧な暮らし方」についての雑穀料理を食べながらの食文化や江戸学などの講演会をサロン形式で開催してきました。
  • 2012年7月
  • 2012年10月
  • 2013年3月
  • 2013年3月
     
  • 2013年5月
     
  • とんぼprojectの活動を元に一般社団法人源流地域資源再生ネットワークを設立
  • 公益財団 信頼資本財団の共感助成プログラムの認定を受ける
  • 雑司ヶ谷スローライフ倶楽部と共同で「雑司ヶ谷生きた味噌を食べる会」を開催
  • webサイトtricoを開設し、十日町市の茶豆、国産素材にこだわった麦麹味噌「まめだかね」の販売開始。
  • 株式会社気象サービスが開発した農業気象情報支援システム「のうくらうど」の気象観測システムの設置とその運用管理を受託