tricoからのお知らせ一覧
岩魚の朴葉味噌

第11回雑司ヶ谷生きた味噌を食べる会

こだわりの食材でこだわりの味噌づくし料理のおもてなし 雑司ヶ谷スローラフ倶楽部監修のレシピを元にした麦麹味噌「まめだかね」。新潟県十日町産の茶豆、瀬戸内海の藻塩、茨城県産のはだか麦による麹、こだ… ▼続きを読む
shop

「分とく山」で越後妻有を味わう。

越後妻有の食材で最高の料理人がおもてなし 3メートルを超える深い雪が融けて田に水が入り、薫風の田植え、深緑の草取り、黄金色の稲刈りをへて丹精込めて育てられた魚沼産コシヒカリ。越後妻有のブナの森、… ▼続きを読む
01のコピー

越後妻有で箏のしらべを楽しむ。

越後妻有の里山の風景から生まれた筝曲 榎戸二幸さんは、文化庁長官より文化庁文化交流使としての使命を受け、日本文化を世界に広める活動に精力的に取り組でいる生田流の筝曲家です。これまで三度、十日町で… ▼続きを読む
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

棚田の稲刈りとブナの森を育てる。

第38回日本再発見塾 in 十日町のご案内 秋は何処から?山頂から里へ、北の国から南へ少しずつ近づいています。山懐にある松之山ではススキが穂をだし、萩や葛の花が咲き、赤とんぼが飛び、草むらからは… ▼続きを読む
00

収穫祭トークショーを再び。

料理人によるコンペランチを通して、越後妻有地域の豊かな文化を再発見する。そして、人と人、地域と都市部、生産者と消費者、料理人と生活者を繋げコミュニティの輪を広げる。資源豊かなここ越後妻有から新しい… ▼続きを読む
ランタン

日本再発見塾を日帰りで。

今回のツアーでは5日の夕方から「分とく山」総料理長の野崎洋光さんが合流していただけることになりました。昨年11月に開催した「越後妻有の収穫祭」では、十日町、松代、松之山からも多くの皆さまにご参加頂… ▼続きを読む
1 2 3 4